忍者ブログ

断片的、あまりに断片的な

Home > ブログ > Essay > イケメン(的な)韓国人にファブリーズをかけられる

イケメン(的な)韓国人にファブリーズをかけられる

                               
先々週の土曜日は、とある打ち上げで新大久保の韓国料理屋「マニト」で宴会。宴会部長だったので、適当にネットで調べて予約したのだが、店内はほぼ女子。われら、30代女と30~60代男のグループは店内で異彩を放つことになる。なんなんだこの店は・・・と店内を見回して、なるほどなるほどと納得。東方神起のようなイケメン(的な)韓国人店員が揃っている。店の外では大雨にもかかわらず、入店待ちの女子がたむろしていた。あとで知ったのだが、この店はイケメン店員揃いで有名らしく、店員のファン同士の睨みのきかせあいもあるとかないとか。また近頃のK-POP人気を使わない手はなく、大久保の韓国人街全体でイケメン店員人気投票を行い、街の活性化がはかられているとかなんとか。

生しぼり系のフルーツサワーは、「店員のお兄さんが(もみもみ)しぼるよ!!」と、店内の黒板でアナウンス(「もみもみ」は著者による余計な強調)。隣の席の女子が、本当にデレデレと目を潤ませながら、東方神起がグレープフルーツをしぼる姿を嬉しそうに眺めていた。誕生日のサプライズサービスは、いろいろな飲食店でも行っているが、ここでは店内の電気を全て消し、ローソクがささったケーキを運び、東方神起が勢ぞろいして、韓国語でハッピーバースデーを歌い、花束を渡す。そして、黄色い悲鳴。

始終騒がしくて落ち着かない店だったが、料理は思っていたよりも美味しく、しかもかなりコストパフォーマンスが良く、あれこれ食べてビール飲んで、マッコリ飲んで、1人2,500円程のお会計。帰りは、店の外で東方神起がファブリーズを持ってお見送り。「ファブリーズやりますか?」「ハイッ!!」。そして東方神起が私のからだじゅうにファブリーズをふきかけ、私もちょっとデレッ。なんて安上がりなんだろう!!

以前友人に連れて行かれた大久保の別の韓国料理屋さんも、客は女子ばかりだった。その店は、専属の占い師さんがタダで占いをしてくれる、というわけで。飲食店が飽和状態にあるなか、もうこうしたサービスで差別化していくほかないのだろう。とくに若者が、酒を飲まなくなっている(らしい)時代にあっては。
PR