忍者ブログ

断片的、あまりに断片的な

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > Essay > 「若者」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「若者」

先週から新入社員がやってきた。たまたま喫煙所で何人かと一緒になり、話を聞いていた。そのうちの1人が、「すごい話があってさぁ、俺の友達、飲酒運転で人殺しちゃったんだよ。家族で乗ってた車にぶつかったんだけど、助手席に座ってた父親が死んでさ~。うちの友達たちはみんな無事」などと、ヘラヘラ笑いながら話していた。もう1人は、中央大学の教授殺害事件の被害者の家の向かいに住んでいるので、報道陣に囲まれたとか、もう1人はうちの学校で教えてた小室哲哉センセーが・・・・・・などなど。なんでも、「ネタ」である。

席に戻って、社内報で新入社員一覧写真を見やりながら、他の人たちにこの話をプリプリしながらすると、「今の若者なんだねぇ」と考え深げに言われた。「でも、若いウミちゃんがそんなこと言うなんてね」なんて言われてしまったが、その方には8年くらい前の金髪やら赤髪だったときの私の姿の印象がまだ強いのかもしれない。でも私は、「若者」でもないし、自分が「若者」だと思ったことなどないのである。「若い」ときだって、隣にいる「若者」にはなれないと思って石ころ蹴飛ばしていた。
PR