忍者ブログ

断片的、あまりに断片的な

Home > ブログ > Dance/Music/Art > 悲しくなる音楽

悲しくなる音楽

 音楽情報サイトBARKS(global music explorer)で、「聴いていると悲しくなる音楽」ベスト10が発表された。他の記事もみたかぎり、どうもイギリスの音楽に偏りがちな気がしないでもないが、とりあえずそのランキングをあげておこう。

1.ヴァーヴ「The Drugs Don't Work」
2.ロビー・ウィリアムス「Angels」
3.エルトン・ジョン「Sorry Seems To Be The Hardest Word」
4.ホイットニー・ヒューストン「I Will Always Love You」
5.シニード・オコナー「Nothing Compares 2 U」
6.ウィル・ヤング「Leave Right Now」
7.エルヴィス・プレスリー「Are You Lonesome Tonight?」
8.クリスティーナ・アギレラ「Beautiful」
9.ジェイムス・ブラント「Goodbye My Lover」
10.レディオヘッド「Fake Plastic Trees」

 曲のタイトルを一見してすぐさま音が思い浮かぶのは、まぁレディオヘッドはともかく、シンニード・オコナーの名曲くらいか。ポピュラー音楽の講義で「好きな1曲は?」という、答えに窮するような質問をされたことがあるが、そのとき苦し紛れにあげたのがシンニード・オコナーのこの曲。その答えをうけ、教授は裏声の美声でその歌を歌いだしてしまった。「nothing compares to you」という歌詞を「compare with you」と歌っていたが、あまりに気持ちよさそうに歌っていたため突っ込めなかったという想い出がある。ちなみに元気になる曲はブラーの「song2」だとか。

 それはともかく、このランキングは、音楽と生理心理学の専門家であるハリー・ウィッチェル博士(英)の分析によるものだという。
 分析方法が気になるところだ。被験者の体調・精神状態もさることながら、聴かされた個々の音楽に対してどのような関係にあるのか。例えば私だったら、レディオヘッドの曲を聴かされたら小躍りしてしまうかもしれない。アギレラに嫌悪感を抱いていれば、どんな悲しいバラードであろうともイライラムカムカするだろう。情報を全て切り離して音楽を聴くということはできない。それは個々のミュージシャンだけでなく、「ジャンル」に対する情報や思い入れ(あるいは嫌悪)もふくめて。私が身につけてきた音楽的習慣、趣向もふくめて。つまり、ブルデューのいう「ハビトゥス」もふくめて。

 というわけで久方ぶりにレディオヘッドの「the bends」(2nd)を聴いている。「ok computer」(3rd)も「kidA」(4th)も好きだが、「あの」とき聴いていたアルバム「the bends」がやはり一番ぐっとくる。私より少し上の世代になると、「pablo honey」(1st)に思い入れがある人が多い。
 ノスタルジーではない。やむをえまい一番音楽に気持ちを注いでいた時期なのだから。アムロちゃんのビデオクリップを見て「懐かしいね~」といいながらお茶をすするのとはワケが違うのだ。

トップページへ戻る

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword