忍者ブログ

断片的、あまりに断片的な

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > Dance/Music/Art > サシャ・バルツ「ケルパー」(ビデオ)@彩の国さいたま

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サシャ・バルツ「ケルパー」(ビデオ)@彩の国さいたま


3月上旬のことだが、与野本町の彩の国にて、過去ここで上映されたダンス公演のビデオを一挙公開(しかも無料で!)ということで出かける。駅から劇場まで歩きだすとたくさんの人が私とは逆に駅に向かっている。ほぼ女性。何の公演があったのだろうと思いながら到着。世界のニナガワによる「ムサシ」、藤原竜也、小栗旬出演。なるほど~。

見ていなかったサシャ・バルツ「ケルパー(身体)」を見る。ちょっと寝てしまう。ガラス板の間で、スローモーションのように、数体の体がうごめくシーンがおもしろい。っていうのは、それが身体による完璧なスローモーションだったから!生で見てたらもっと興奮したかもしれない。私の目の前で進行する、私とは異なる速度の時間。


それと皮膚を引っ張るシーンが印象的。わたくしの怠惰な身体ならともかく、ダンサーたちのからだは引っ張れる部分がなさそうなのだが。そこで液体が出てくる。


この劇場には何度か来ているが、駅含め、あたりが閑散としていてあまり好きではない。予定より早く着いてお茶(たばこ)でもしようと思っても、適当な店がないし・・・。

その後大宮によって、友人とご飯を食べる。大宮と言えば私にとっては「祖父母の家に行く際に乗る新幹線が止まる駅」で、降り立つのはおそらく初。ルミネ、パルコなどのファッションビルもあったり、駅前にはチェーン店がたくさん。立川とか八王子なんかを思い出すが、違うのは人の少なさ。19時半くらいだったが、あまりの人気のなさに驚く。うーむ、大宮でさえこうなのか・・・。

PR