忍者ブログ

断片的、あまりに断片的な

Home > ブログ > Body/Fashion > 古着/リサイクルメモ⑥ ゴミのドレスを身にまとう

古着/リサイクルメモ⑥ ゴミのドレスを身にまとう

先日のセネガルナイトでご紹介した、セネガルのゴミ・アート。セネガル人デザイナーDoulsyデザイン、撮影はセネガルを拠点として活動しているFabrice Monteiro。
セネガル/アフリカの街や海辺のあちこちに、ゴミがうずたかく積まれている。ゴミ処理インフラが整ってないということに加え、海外(先進国)から大量の廃棄物が流れ込む(そしてそれらはもちろん容易には処理できない)。
1980年代から顕在化されてきたこうしたアフリカのゴミ問題を受けて、有害廃棄物の輸出入はバーゼル法(1989年~)で規制されるようになったもの の、「寄付」や「中古品」として(という名目)で入ってくる現状だという。1~2割程度しか正常に動かないパソコンやケータイ、汚れた服に破れた服。たぶ んこれからもますます増える。不都合なモノの循環。

※写真はdesignboomより(ほかにも写真あります) http://fabricemonteiro.viewbook.com/
〇Doulsy https://www.facebook.com/jah-gal-doulsy-108196929208318/
〇Fabrice Monteiro http://fabricemonteiro.viewbook.com/
〇セネガルゴミ問題 http://africa-rikai.net/letters/senegal.html

********************************************************************************************
8/6(土)に渋谷アップリンクで公開される『ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実』も楽しみである。
http://www.uplink.co.jp/movie/2016/44175
PR